ホーム > 導入事例 > 結城運輸倉庫株式会社様(油類のタンクローリー輸送)

結城運輸倉庫株式会社様(油類のタンクローリー輸送)

結城運輸倉庫株式会社様 センター

結城運輸倉庫株式会社様

“物流の見える化”の為に「統合輸配送管理システム」を導入。
車載端末からの走行データや就業データをホストと連携し、業務の効率化を推進。

導入前の課題

  1. 受注・配送計画を、13ヵ所ある営業所毎に行っており、非効率であった。
  2. 就業や会計システムへの電子データ受け渡しができていなかった。

導入効果

  • 「見える化」されたことで、各営業所・本社・受注センターの統合ができ、効率配送と収益性改善が図られた。
  • 配車スケジュールが2時間早くなったことにより、“不積み”が早い段階で分かり、その解消の手段が取れるようになった。
  • 配車が決まった時点で他の元売りに情報を渡すことができ、販売機会の増加に役立っている。
  • 運転の安全性と荷受人の信頼が向上した。
  • ホストシステムとのデータ連携が取れ、システムの一元化と効率化が図れている。

選定理由

  1. 受注と配送計画が、受注センター一括で出来る。
  2. 車載端末からの「走行実績・就業データ」がホストシステムへ渡せる。
  3. 荷主様の負担で光英システム製 車載端末を導入、このメリットを生かしたかった。

ページトップへ