完成車両輸送いすゞライネックス株式会社様

完成車両の生産工場から中継地・各販売拠点への陸送において、基幹システムと連携した運行管理システムを導入。システムの導入により、配送状況のリアルタイム把握だけでなく、配送車両の特定や配送先住所のスマホでの表示などドライバーの作業負荷の軽減が可能になり、輸送品質の高度化につながっている

課題と効果

課題

発着などの搬送中の状況がリアルタイムに把握できない。

ドライバーや陸送会社が手動で発着時間を入力していたためタイムラグが発生していた。

効果

スマホ型の車載端末で発着時間を取得して、基幹システムと連携させることでリアルタイムな把握が可能になった。

配送伝票と連動したリアルタイム運行管理システムの導入により、スマホ型の車載端末で「出発」「到着」時間がリアルタイムに取得でき、発着時間を管理している基幹システム側と連携することでリアルタイムな把握が可能となった。これにより陸送会社の作業負荷低減と、届け先である販売会社へのサービス向上が実現できた。

課題

高品質な陸送の実現

これまでは伝票をもとに配送していたため誤納品、誤配送が発生する可能性があった

効果

伝票情報と連携することで正しい車両を正しい納品先へ陸送することが可能

伝票情報(出発地、届け先、車両)を計画情報として連携し、スマホ型車載端末に表示。伝票および車両のバーコードを読み取ることで正しい車両を正しい納品先へ陸送することが可能となった。従来は目視による確認作業だったため何度も確認しなければならず作業負荷低減にもつながっている。

お客様の情報

いすゞライネックス株式会社

  • 完成車輸送(陸送、積載)
  • モータープール・車両センター等管理運営

工場で完成する生産車両の各拠点への陸送において、運行管理システムを導入。伝票情報を配送指示としてスマホへ表示し、伝票と車両のバーコードを読み取る納車確認を行うことで、正しい車両の特定、正しい納品先への陸送を確実化。輸送品質の向上につながっている。

いすゞライネックス株式会社のサイトを見る